歯科を訪れる前にまずやっておくこと

歯の治療をお願いする歯医者さんには、できるだけ気の合う良い歯医者さんにかかりたいものです。歯医者さんは他の医師と違ってメンタルな部分で好き嫌いが大きく分かれる医院です。そのため「よい歯医者」と口コミで見かけて行ってみた歯医者がたいしたことないと思えたりということがあります。しかし、「よい歯医者」の判断は難しくても「悪い歯医者」はかなりわかりやすいポイントで判断ができるようになっています。
まず最初にアウトなのが、院長である歯医者が外車や高級車などに乗っている場合です。さらに、働いている歯科医に対して歯科助手が最低でも3人がそれ以上に多いところにしましょう。最悪なのが治療をするとき、歯科医が直接診察を行わずすべて歯科助手に任せてしまったりする場合です。嘘のようですが本当にそういう歯科医師はいます。
歯科助手は法律上歯に触ることを禁止されています。医師かどうかは服装や名札から判断ができるようになっているのでもし歯科医師以外のスタッフが歯に触れてきたような場合は速やかに通院を辞めることをおすすめします。
また、必要以上にレントゲンをとらないこともチェックしましょう。それも歯科医以外のスタッフが撮影をしているなんてろこともかなり危ない医院です。さらに、虫歯について原因などの説明が全くなく、対応の態度が非常に悪すぎるところも問題でしょう。良い歯医者を選ぶのは大変な作業ですが、気をつけながら利用していきましょう。